三井住友海上火災保険株式会社
東京西支店 第一支社

竹広幸司郎TAKEHIRO, Koshiro

2020年 国際社会科学部国際社会科学科 卒業

熱中できる環境があったからこそ、
成長できた。大きな自信が生まれた

現在のお仕事内容を教えてください

 三井住友海上火災保険株式会社で、自動車保険や火災保険といった保険商品を取り扱っています。3年次にインターンシップに参加し、「立ち止まらず挑戦し続ける」会社であると実感したことで志望しました。損害保険は、世界中の様々なリスクと向き合い、人の生活や企業の挑戦を支えるものです。その魅力やメリットをより多くのお客様にお伝えするため、私たちとお客様をつないでいる保険代理店に向けて提案資料の作成やサポートを行っています。

お仕事の中でぶつかった「壁」は?

 スピードとクオリティの両立に苦労することがあります。例えば、事故に遭われたお客様への対応には迅速さも正確さも不可欠ですが、双方十分な対応には自分だけでは力不足を感じることもありました。そのため、先輩方に指導いただいたり、能動的に自分で調べたりを繰り返して、知識と経験を蓄えています。迅速な対応とともに丁寧な傾聴を徹底することで、事故に遭われたお客様の不安を安心に変え、後に感謝のお手紙をいただくこともあり、大きな喜びとやりがいを実感します。

学習院時代の経験はどのように活きていますか?

 何ごとにも熱中できる環境で育まれたチャレンジ精神です。高校時代は、先生から国際社会科学部への進学に反対されるほど英語が苦手でした。それでも入学後は語学力のある周囲の人に刺激を受けて勉強に励み、アメリカ留学も経験。結果、TOEIC®スコアが500点以上アップするなど英語力が飛躍的に向上し、大きな自信を得られました。また、組織行動論のゼミに所属し、組織のリーダーとフォロワーの関係性について深く学んだことで、現在の仕事でコミュニケーションを取る際に役立っていると感じています。

就職活動の際、特に役立ったサポートは?

 面接対策セミナー(“メンタイ”)です。自分自身を見つめ直す機会になっただけではなく、社会に進出しているOB・OGの方々から客観的な意見や仕事に関する具体的な事柄を教えていただけたことで、自分を大きく成⻑させることができました。私自身、ようやく仕事の面白みがわかってきた気がしています。今後も営業のスキルをどんどん高めるため、様々なチャレンジを続けていきます。

 学習院大学に入学して、たくさんの友人と出会い、所属していた水泳部では仲間と汗を流し、学業にも部活動にも熱中することができました。また、留学に行った際には現地でしかできない多くの経験を積むことができました。「大学時代しかできないことをたくさん詰め込んだ4年間の経験」が私の一番の財産です。まさにこれを実現できる環境であることが、学習院大学の魅力です。