学習院大学に
ついて

学ぶ力は未来を拓く

学習院大学は、「ひろい視野 たくましい創造力 ゆたかな感受性」を持ち、
世界へ向かって羽ばたく学生を育む大学です。

初代学長:安倍能成

学習院の歴史

昭和24(1949)年に開学した学習院大学。初代学長の安倍能成は、大学の特色として「国際的知識の養成、外国語の練熟と共に世界と国内との生きた現実の理解、さらに進んでは文化国家としての日本の遠大な理想たる東西文化の融合」を挙げました。
学習院大学は、これからも世界に目を向け、更なる進化の歴史を積み上げていきます。

学習院大学の特長

  • 少人数教育
  • ワンキャンパス
  • 手厚い就職サポート

01

少人数教育

学習院大学では、約6割の授業が30名以下の少人数制で行われているため、他大学と比べ教員と学生、先輩と後輩との距離が近いという特徴があります。
各分野の第一人者として評価される教授陣の下、最先端の”知”に触れながら、ハイレベルな教育を受けることができます。

02

ワンキャンパス

山手線の目白駅から徒歩30秒という抜群の立地を誇るキャンパス。東京ドーム3.5個分の敷地は公園のような緑に恵まれ、都心に居る事を忘れるような落ち着いた学習環境です。
4年間同じキャンパスに通うというアットホームな環境は、親密な人間関係を育み、様々な事に挑戦する姿勢を応援してくれます。

03

手厚い就職サポート

学習院大学は「就職に強い大学」と評価されており、高い就職内定率を維持し続けています。
その秘訣はなんといっても手厚い就職支援。教職員や卒業生たちが、一人ひとりの学生の人生としっかりと向き合い、丁寧にサポートを行っています。

先輩たちの声をチェック!